キャンピングカーは旅好きのクルマ好きには究極の選択

自分を含めてクルマ好きな人は非常に多いと思います。クルマ好きにはいろいろな趣向があるとも思います。スポーティーなクルマで走りを楽しむ人。昔懐かしいオールドカーをレストアして楽しむ人。高級車に乗り快適な乗り味とロングドライブを楽しむ人。本当に様々です。クルマ好きな人には、たとえ遠方であっても移動する時間、つまりドライブする時間が最高に楽しいのだと思います。そのクルマ好きの人にとって、ある意味究極の選択はキャンピングカーかもしれません。究極といえばスピードであったり、悪路の走破性であったり、いろいろな究極がありますが、キャンピングカーもそのひとつだと思うのです。普通のクルマでは考えられないほどの広い居住空間を有し、4人ならば充分に宿泊できる設備を持つキャンピングカーは移動とくつろぎの空間を持つ究極のクルマだと思います。だれもが思うでしょうが、もし自分がキャンピングカーを購入したら・・そう想像すると本当に楽しい気分になります。


私は家族が4人ですが、家族で荷物を積み込み宿泊地を決め、そして目的地や観光する場所を決めて出発する。目的地は日帰りだとキツイ場所になるかもしれないですし、近場でも家族でのんびり出来るところかもしれません。そんな想像をしているだけで、地図とにらめっこをして見たい気分になります。キャンピングカーの専門誌も多く出ていますし、国内でも非常に多くのカスタマーが存在しています。インターネットでも情報が多くあります。そのような情報を見ているだけでもワクワクしてしまうのは私だけではないはずです。ユーザーのレビューやカタログ、そして実車を見てしまったらもう・・欲しくなってしまいます。普通のクルマでもそうでしょうが、気に入ったクルマの実車を見てしまったら、欲しい気持ちに火がついてしまいます。家族との旅行、しかも移動中に子供たちがはしゃぐ姿を想像するだけで欲しい病にかかりそうです。国内のカスタマーが提供するクルマは、取り回しも比較的楽そうですし、実用性も高そうです。


サイズもいろいろあるので、駐車スペースや自分の使い方に合わせて購入の検討が出来ると思います。外国製のキャンピングカーも非常に魅力的です。広大な大地を移動するに適した大型の車体。当然ながら居住空間も広大です。予算と駐車スペースに余裕があればぜひ検討したいとも思えるほどに豪華でもあります。私も家族とキャンピングカーで濃密な家族旅行をしてみたいと常々考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>